縣千の人気が急上昇!本名や誕生日・出身校を調査!【画像あり】

雪組の若手男役、縣千さんの人気が急上昇しています。

縣千さんは、2015年に初舞台を踏んだ101期生でありながら研7までの下級生たちで行われる新人公演の主演をすでに経験しており、宝塚ファンの間で次世代のスター候補として注目を浴びています。

ヅカコさん

ちさとは京都府宇治市の出身だよー!
ちさとは兵庫県宝塚警察署の宝塚一日交通安全大使に任命されたこともあるんだよ!

ムラヅカくん

こちらの記事では星組の人気男役、縣千さんの本名や年齢、出身校などをご紹介します!

縣千さんのプロフィール

縣千さんは、京都府宇治市出身の雪組の人気男役です。

まずは縣千さんのプロフィールを簡単にご紹介いたします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あまーる • Amal(@aruiruroze)がシェアした投稿

名前 縣千(あがたせん)
宝塚音楽学校入学 2013年
宝塚歌劇入団 2015年
入団期 101期生
入団時席次 4番/40人中
初舞台 月組公演『1789-バスティーユの恋人たち-』
出身地 京都府宇治市
出身校 京都府立莵道高等学校
身長 171㎝
生年月日 2月10日
血液型 O型
芸名の由来 地元のお祭りである「あがた祭り」と本名から一字取って命名
愛称 ちさと、あがた、けんち
本名 小林千里(こばやしちさと)
その他 大劇場で初めて見た宙組公演に感激して宝塚を目指すようになる

縣千さんの特徴

縣千さんは、171㎝の抜群のスタイルを活かしたキレのあるダンスが特徴です。

101期生の男役の中では新人公演で主演を務めたのは、宙組の鷹翔千空さん縣千さんのみです。

これからも多くの経験を積んで、次世代のスターとして大きいな期待がかかっています。

 

View this post on Instagram

 

ほ の かさん(@__h_kanato_)がシェアした投稿

縣千さんと宝塚歌劇団

 

View this post on Instagram

 

シホさん(@shiho7512)がシェアした投稿


縣千さんは、4歳のころからクラシックバレエを習っていました。教室の先輩に瀬奈じゅんさんの『Ernest in Love』のDVDを見せてもらったのが宝塚を知るきっかけだったそうです。

その後初観劇は中学生の時で、大劇場で観た宙組公演『TRAFALGAR』『ファンキー・サンシャイン』でした。兵士役のカッコよさやショーのキラキラ感に感動して泣いてしまったそうです。

その時に「この場所なら自分がいかせるかも」と思い、宝塚音楽学校の受験を決意したそうです。

高校1年生から宝塚受験を意識してジャズダンスやタップ、声楽なども勉強して受験に臨んだそうです。

最初で最後と決めた1回目の受験で見事に合格されています。

当時からスターとしての才能が備わっていたのでしょう。

 

芸名の由来については、地元の「あがた祭」というお祭りが好きなことから名前をもらったと語られています。(宝塚グラフ2019年9月号)

新人公演の主演を経験

 

View this post on Instagram

 

KACHIKOさん(@kachiko_mae)がシェアした投稿

縣千さんは研7までの下級生たちで行われる新人公演の主演をすでに1度経験しています。

新人公演で主演を積み重ねることが、トップスターになるための布石になると言われています。

トップスターになるために新人公演での主演が必須であることが明確にルール化されているわけではありませんが、過去に朝海ひかるさんが新人公演で主演を経験せずにトップスターになった例を除けば、トップスターになった全てのタカラジェンヌが新人公演で主演を務めています。

このような意味では新人公演で主演を経験することは劇団からの期待の表れと言うことができるでしょう。

今後さらに新人公演や宝塚バウホールでの主演を務めて数年後にはトップスターになっている可能性が高いです。

縣千さんが主演を務めた新人公演

 

View this post on Instagram

 

あまーる✨さん(@aruiruroze)がシェアした投稿

  • 『凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-/Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』ヴィーゼンホーフ、新人公演:ラヴィック(本役:轟悠)*新人公演初主演

縣千さんの私生活とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

も のさん(@star___91)がシェアした投稿


縣千さんは、一つのことにとことん打ち込む子供だったそうです。

大好きな石ころ集めが高じて、鉱物標本を作ったり、各地の鍾乳洞に行ったりと何事にも強く興味を示していました。

ピアノの経験がないまま宝塚音楽学校に入りましたが、毎日2時間の練習を続け、最後は自分で満足できるほど弾けるようになったそうです。

「なにごとも全力でやるタイプ。流すともやもやしちゃう」と自己分析しています。

このように縣千さんは、何事にもコツコツ努力するタイプと言えます。

引き続き努力を重ね、数年後に縣千さんがトップスターになっている可能性が高いでしょう。

縣千さんのオフの過ごし方とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@___726kira.nzmがシェアした投稿

読書が好きでよく本屋さんに行くそうです。特に児童書や絵本が好きなんだそう。

また、最近は下級生と一緒に自転車で遠乗りすることがよくあるそうです。

ハマっていることは水出し紅茶を作ることで、毎日お水に茶葉を入れて一晩置いて作っているそうです。

お稽古の休憩中にパリで買ったお気に入りの水筒に入れた紅茶でティータイムを楽しんでほっこりされているそう。

 

縣千さんは子供のころから牛柄が落ち着くので好きなんだそうで、特に白黒のブチが大きいものが好き。布団や目覚まし時計も牛柄だと明かしています。

ぜひ差し入れやプレゼントに送ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

雪組の人気男役、縣千さんをご紹介しました。

171㎝の男役として抜群のスタイルで、さらにダンスと歌唱に磨きをかければ縣千さんがトップスターになる日もさほど遠くないと宝塚ファンの間で言われています。

縣千さんが宝塚大劇場の中心が輝く姿が今から楽しみです。

ヅカコさん

ちさとは絶対にトップスターになるわよ!
ちさとのトップが見たいよー!

ムラヅカくん