極美慎の人気が急上昇!本名や誕生日・出身校を調査!【画像あり】

宝塚歌劇100周年の年に初舞台を迎えた100期生の中で、星組男役の極美慎さんの人気が急上昇しています。

極美慎さんは、研7までの下級生たちで行われる新人公演の主演をすでに2度も努めており、宝塚ファンの間で次世代のスター候補として注目を浴びています。

ヅカコさん

かりんは100期生の中でも最も注目されている男役よね!
極美慎さんは幼稚園から中学生まで極真空手を習っていたことでも有名だよ!

ムラヅカくん

こちらの記事では星組の人気男役、極美慎さんの本名や年齢、出身校などをご紹介します!

極美慎さんのプロフィール

極美慎さんは、神奈川県横浜市出身の星組の人気男役です。

まずは極美慎さんのプロフィールを簡単にご紹介いたします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちむさん(@ab15ab153370)がシェアした投稿

名前 極美慎(きわみしん)
宝塚音楽学校入学 2012年
宝塚歌劇入団 2014年
入団期 100期生
入団時席次 22番/39人中
初舞台 月組公演『宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA花詩集!』
出身地 神奈川県横浜市
出身校 神奈川県立港北高校
身長 175㎝
生年月日 7月26日
血液型 O型
芸名の由来 幼少期から続けていた「極真空手」より命名
愛称 かりん、しん
本名 黒川香鈴
その他 幼稚園から中学生まで空手を習っていた

極美慎さんの特徴

極美慎さんは、175㎝の抜群のスタイルを活かしたキレのあるダンスが特徴です。

100期生の男役の中では最も多い2度の新人公演の主演を務めています。

これからも多くの経験を積んで、次世代のスターとして大きいな期待がかかっています。

 

View this post on Instagram

 

@___726kiraがシェアした投稿

極美慎さんと宝塚歌劇団

 

View this post on Instagram

 

mai.zukaさん(@star_azukai)がシェアした投稿

極美慎さんは、中学生の頃にすでに身長が170㎝を超えていたそうです。

中学3年生の夏休みに初めて宝塚を観劇して「高身長でこんなに輝ける世界があるんだ」と宝塚音楽学校の受験を決意。

その後レオタードも着たこともない状態で受験し、一度目は不合格。

そこから1年お稽古を重ねて2度目で合格したそうです。

また、極美慎さんは幼稚園から中学生まで極真空手を習っており、芸名も「極真」と書いて「きわみしん」と命名する予定でした。

しかし、タカラジェンヌのイメージと不釣り合いと言うアドバイスを受けて、「美」の一文字を追加して「極美慎」となったと回想しています。

新人公演の主演を2度経験

 

この投稿をInstagramで見る

 

@___726kira.nzmがシェアした投稿


極美慎さんは研7までの下級生たちで行われる新人公演の主演を2度経験しています。

新人公演で主演を積み重ねることが、トップスターになるための布石になると言われています。

トップスターになるために新人公演での主演が必須であることが明確にルール化されているわけではありませんが、過去に朝海ひかるさんが新人公演で主演を経験せずにトップスターになった例を除けば、トップスターになった全てのタカラジェンヌが新人公演で主演を務めています。

このような意味では新人公演で2度も主演を経験することは劇団からの期待の表れと言うことができるでしょう。

今後さらに新人公演や宝塚バウホールでの主演を務めて数年後にはトップスターになっている可能性が高いです。

極美慎さんが主演を務めた新人公演

 

View this post on Instagram

 

@___726kiraがシェアした投稿

  • 『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA』ボリス・エッフェンベルク、新人公演:テオ・ヴェーグマン(本役:紅ゆずる)*新人公演初主演
  • 『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS~エストレージャス, 星たち~』アドリアン・エルメンライヒ 新人公演:カール・シュナイダー(本役:紅ゆずる)*新人公演主演

極美慎さんの私生活とは?

 

View this post on Instagram

 

@tkrzk_h191がシェアした投稿


極美慎さんは、宝塚音楽学校を目指す前は幼稚園から中学まで空手を習っており、タカラジェンヌとしては異色の経歴を持ちます。

芸名も「通っていた道場訓から取ったものです」という元空手ガールです。

タカラジェンヌになった今も自身の部屋に道場訓を張っており、舞台あいさつでも「ひとつ我々は…」と引用したこともありました。

今まで学ばれてきたこと大切にして、日々のお稽古に励む姿はとても共感を持つことができます。

オフの過ごし方

 

この投稿をInstagramで見る

 

ほわりんさん(@sharon_primel)がシェアした投稿

 極美慎さんはお家でゆっくりするのが大好きな超がつくほどのインドア派だそうです。

グラフでは「一秒一秒が過ぎていくのに何もしていないという状況に喜びを感じる」と語られていました。

また、温かいご飯を食べているときが一番幸せな時だそうです。

まとめ

星組の人気男役、極美慎さんをご紹介しました。

175㎝の男役として抜群のスタイルで、さらにダンスと歌唱に磨きをかければ極美慎さんがトップスターになる日もさほど遠くないと宝塚ファンの間で言われています。

極美慎さんが宝塚大劇場の中心が輝く姿が今から楽しみです。

ヅカコさん

  かりんは絶対にトップスターになるわよ!
極美慎さんから空手のパンチを受けたい!

ムラヅカくん