音波みのりがかわいい!本名や誕生日・出身校を調査!【画像あり】

音波みのりさんは、組配属された時から今まで組替えすることなく、生粋の星娘として活躍し続けている娘役です。

ヒロイン経験も豊富で、今や星組を支えるベテラン娘役に成長しています。

また、2019年5月には礼真琴さん主演の全国ツアー公演『アルジェの男/ESTRELLAS~星たち~』でヒロインにも抜擢され、その実力を発揮しています。

音波みのりさんと同期の91期生には、紫門ゆりやさん(月組男役)、天寿光希さん(星組男役)などがいます。

また、OGには野々すみ花さん(元宙組トップ娘役)、愛加あゆさん(元雪組トップ娘役)など美人な方が多い印象があります。

ヅカコさん

はるこちゃんは華があって本当に可愛いよね!
91期生は現役も少なくなってきたね。。

ムラヅカくん

こちらの記事では星組の人気娘役、音波みのりさんの本名や年齢、出身校などをご紹介します!

音波みのりさんのプロフィール

音波みのりさんは、神奈川県横浜市出身の星組の人気娘役です。

まずは音波みのりさんのプロフィールを簡単にご紹介いたします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡htm(*˙˘˙)♡(@htm676767)がシェアした投稿

名前 音波みのり(おとはみのり)
宝塚音楽学校入学 2003年
宝塚歌劇入団 2005年
入団期 91期生
入団時席次 29番/47名中
初舞台 花組公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』
出身地 神奈川県横浜市
出身校 八雲学園高等学校
身長 160㎝
生年月日 11月29日
血液型 O型
芸名の由来 家族で考えた。
愛称 はるこ
本名 福田暖子
その他 姉2人、弟1人。

音波みのりさんの特徴

音波みのりさんは160㎝と小柄で可愛らしい娘役さんです。

下級生の頃からヒロイン経験も豊富で、可愛らしい役からセクシーな大人な役まで器用にこなします。

気品漂うその姿と確かな実力で今や星組を支えるベテラン娘役に成長しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tkz_gramがシェアした投稿

音波みのりさんと宝塚歌劇団

 

この投稿をInstagramで見る

 

koto☆(@koto_coto_510)がシェアした投稿

音波みのりさんは子供の頃食が細く、体も小さかったので体を動かす習い事を親に勧められ、小学校3年生からバレエを始めます。

バレエのほか、塾、お習字、英会話などの多くの習い事をしていました。

中学、高校は女子高で中、高校時代は調理部でお菓子を作っていたそう。

月1で行われた学校行事の「芸術鑑賞」でミュージカルや歌舞伎などを観る機会があり、入団するきっかけとなったのは、花組の愛華みれさんのお披露目公演を生で見た時に、皆さんがキラキラ輝いていてその素晴らしい空間に感動し、入りたいと思ったそうです。

小学3年生の頃からモダンバレエを習ってきた音波みのりさんが宝塚歌劇を初観劇したのは、中学生の時。TAKARAZUKA 1000days劇場公演『夜明けの序曲』である。「お芝居に感動したあとに煌びやかなフィナーレがあり、あまりにすばらしくて圧倒されました」。家族との約束で大学受験と並行して挑んだ2度目の宝塚音楽学校受験は、直前まで怪我のために松葉杖とギブスの生活を強いられた。だが「燃え滾る情熱とありのままの自分をみていただこう」と体当たりで挑み、念願の夢を勝ち取った。

出典:「ウィズたからづか」

その後、1回目の受験は準備をせず玉砕。

2回目の時はバレエに加え声楽も習って受験し、合格しました。

宝塚入りまでには挫折も経験。「子供のころからモダンバレエを習っていて、お芝居も好きだったので、いつか舞台人になりたいと思っていました。母に宝塚を教えられ、受験したんですけど、1回目は1次も通らずに落ちて」。1度はあきらめたが大学進学が内定していた高校3年の秋、未練を断ち切れなかった。試験まで4カ月。レッスン再開。2度目の挑戦で合格。「人生でラストチャンスなら、もう1度向き合ってみようと思ったんです」。ケジメ受験を合格切符につなげる強さも持っていた。

出典:「日刊スポーツ」

また、音波みのりさんは宝塚に入ったら男役と娘役のどちらでも好きな方になれると思ってたそうです。

新人公演でヒロインを経験

 

この投稿をInstagramで見る

 

rino_takarazuka(@rino_takarazuka)がシェアした投稿

音波みのりさんは研7までの下級生たちで行われる新人公演のヒロインを2度経験しています。

    • 『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-/愛と青春の旅だち』シーガー、新人公演:ポーラ(本役:夢咲ねね)*新人公演初ヒロイン
    • 『オーシャンズ11』ポーラ、新人公演:テス・オーシャン(本役:夢咲ねね)*新人公演ヒロイン

ヒロインを務めたバウ公演

 

この投稿をInstagramで見る

 

rika.r.r912(@rika.r.r912)がシェアした投稿


音波みのりさんはバウ公演でヒロインを務めた経験が3度あります。

  • 『摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)-君に歌う愛-』(バウホール)ナンシー・キャンベル/メグ・ガーネット(華雅りりかと役替わり)*バウ初ヒロイン
  • 『メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-』(バウホール・日本青年館)東雲メイ *バウヒロイン
  • 『天使のはしご』(日本青年館・バウホール)リジー(エリザベス)*バウヒロイン

ヒロインを務めた全国ツアー公演

2019年5月、礼真琴さん主演の全国ツアー公演『アルジェの男/ESTRELLAS~星たち~』でヒロインに抜擢されました。

小柄な音波みのりさんと礼真琴さんのペアはとても相性が良く、ファンからはトップスターになる礼真琴さんのヒロインに望まれるほどでした。

また、一部では全国ツアーでのヒロインが音波みのりさんへ餞別ではないかと退団ささやかれるようになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mIyUmA(@zzz.mym)がシェアした投稿

音波みのりさんの私生活とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひより🐣(@hiyori_.act)がシェアした投稿

 音波みのりさんは、オフでは、プールに通っているそうです。

小さい時におぼれたことがあって怖くて泳げないので泳ぎたいと思った。背泳ぎはできるようになったと話されています。(cafeふぉるだ)

まとめ

今回は星組の人気娘役、音波みのりさんをご紹介しました。

女性の憧れのような、上品で愛らしい音波みのりさん。

これからも星組で輝き続けてほしいです。

ヅカコさん

メイちゃんの執事の東雲メイちゃん役可愛かったなぁ♪
退団が近そうだけど、これからも応援しているよ!

ムラヅカくん