月城かなとがイケメンすぎる!本名や誕生日・出身校を調査!【画像あり】

イケメンが多く揃う宝塚歌劇団の中でも月組の3番手スター、月城かなとさんの美貌は群を抜いています。

月城かなとさんは、そのあまりにも美しすぎる容姿からルックスばかりが注目されがちですが、新人公演の主演を3度、宝塚バウホールでも2度も主演を務めるなど人気、実力ともに月組を代表する人気男役スターです。

ヅカコさん

れいこ様はイケメンすぎて本物の王子様みたいなのよ!
れいこのルキーニは最高でした!

ムラヅカくん

こちらの記事では月組の3番手スター、月城かなとさんの本名や年齢、出身校などをご紹介します!

月城かなとさんのプロフィール

月城かなとさんは、神奈川県横浜市出身の月組の3番手スターです。

まずは月城かなとさんのプロフィールを簡単にご紹介いたします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あさありさん(@jas_tkrzk)がシェアした投稿

名前 月城かなと(つきしろかなと)
宝塚音楽学校入学 2007年
宝塚歌劇入団 2009年
入団期 95期生
入団時席次 17番/45人中
初舞台 宙組公演『薔薇に降る雨/Amour それは…』
出身地 神奈川県横浜市
出身校 田園調布学園高等部
身長 172㎝
生年月日 12月31日
血液型 A型
芸名の由来 不明
愛称 れいこ
本名 牛田玲子(うしだれいこ)
その他 2018年7月27日より神美乃素本舗のイメージキャラクターに起用されています。

月城かなとさんの特徴

月城かなとさんは、その美しすぎる顔立ちと抜群のスタイルで人気の男役スターです。

美貌ばかりが注目されがちですが、のびやかな歌声と落ち着いた雰囲気も魅力的です。

実力者が揃う95期生の中でひと際存在感を示しており、トップスター街道まっしぐらの正統派男役としてこれからも目が離せません。

 

View this post on Instagram

 

takarazuka.asamijunさん(@takarazuka_asamijun)がシェアした投稿

月城かなとさんと宝塚歌劇団

 

View this post on Instagram

 

tkrzk_stars_♡さん(@tkrzk_stars_love)がシェアした投稿

2003年、月城かなとさんは高校1年生の時に同級生が貸してくれた朝海ひかるさん主演の雪組公演『Romance de Paris』のビデオを見て、宝塚の虜になったそうです。

また、同時に「どうしても宝塚に入りたい」と受験を決意されます。

当時通ってた学校は進学校で勉強が厳しかったが、両親からは「1回は応援するけれど、1度でダメなら諦めなさい」と伝えられ、最初で最後の受験に臨みます。

結果は見事に一発合格!

クラブ活動のミュージカル部で『エリザベート』のトートを演じたことがあるそうだが、宝塚受験のためのレッスンは僅か3ヵ月間のみ。そしてタカラジェンヌへの道が拓かれた。

出典:「ウィズたからづか」2014年7月号

月城かなとさんの努力の成果、実力の高さ、運の強さがわかる象徴的な出来事です。

新人公演の主演を3度経験

 

View this post on Instagram

 

佐藤 麟 Linn Satoさん(@linn_tkzk)がシェアした投稿


月城かなとさんは研7までの下級生たちで行われる新人公演の主演を3度経験しています。

新人公演で主演を積み重ねることが、トップスターになるための布石になると言われています。

トップスターになるために新人公演での主演が必須であることが明確にルール化されているわけではありませんが、過去に朝海ひかるさんが新人公演で主演を経験せずにトップスターになった例を除けば、トップスターになった全てのタカラジェンヌが新人公演で主演を務めています。

このような意味では新人公演で3度も主演を経験することは劇団からの期待の表れと言うことができるでしょう。

月城かなとさんが主演を務めた新人公演

 

View this post on Instagram

 

みりみわさん(@mirimiwa_love)がシェアした投稿

  • 『Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!』ダンサー[男]、新人公演:ヘイリー・ハーツ(本役:壮一帆)*新人公演初主演
  • 『一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA』庄司甚内、新人公演:前田慶次(本役:壮一帆)*新人公演主演
  • 『星逢一夜/La Esmeralda』 細川慶勝、新人公演:天野晴興(本役:早霧せいな) *新人公演主演

月城かなとさんが主演を務めたバウワークショップ

 

View this post on Instagram

 

K🐇💓さん(@keiko.u)がシェアした投稿

月城かなとさんは新人公演の主演だけではなく、宝塚バウホールでも主演を2度経験しています。

  • 『銀二貫』(バウホール)松吉 *バウ初主演
  • 『New Wave! -雪-』(バウホール) *バウW主演

月城かなとさんが主演を務めたその他の公演

 

この投稿をInstagramで見る

 

キコとアコ(@kikisora_hikaru)がシェアした投稿

  • 『THE LAST PARTY〜S. Fitzgerald’s last day〜フィッツジェラルド最後の一日』(日本青年館・シアタードラマシティ) – TSUKISHIRO、スコット・フィッツジェラルド*東上初主演

全国ツアー公演主演が決定!

珠城りょうさんの退団発表に合わせて、月城かなとさんの全国ツアー公演主演が決定致しました。

日程詳細はこちらです↓

◆全国ツアー:2020年9月5日(土)~9月23日(水)

グランド・ミュージカル
『ダル・レークの恋』
作/菊田 一夫
監修/酒井 澄夫
潤色・演出/谷 貴矢

菊田一夫氏によって書き下ろされた本作は、1959年に春日野八千代演出・主演により初演、1997年にレビューシーンを盛り込んだ一本立て作品へとリメイクされ、麻路さき主演で再演された後、2007年に瀬奈じゅん主演の全国ツアー公演としても再演されるなど、時代を超えて多くのお客様に愛されています。そんな不朽の名作を、月城かなとを中心とした月組全国ツアー公演として、酒井澄夫監修のもと、若手演出家・谷貴矢の新たな演出で上演いたします。
インド北部のカシミール、ダル湖を舞台に繰り広げられる若き騎兵大尉ラッチマンと貴族の娘カマラの燃え上がる身分違いの恋、そして、その運命的な結末にどうぞご期待ください。

月城かなとさんの私生活とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@marioceannetwork0829がシェアした投稿


月城かなとさんのご両親は高校教師だそうで、宝塚音楽学校の受験エピソードからもわかるように厳しい家庭で育ったことが推測されます。

このような育ちから月城かなとさんはとても真面目な性格であると考えられます。

2018年、日本青年館ホールで主演した『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』(2018年6月〜7月)の際に、代表作「華麗なるギャツビー」をはじめ、米文学に足跡を残した作家スコット・フィッツジェラルドの生きざまを表現するために膨大な資料と睨み合い役作りしたそうです。

「実在の人物なので、いろんな資料を読みました。自分の生きてきた過程を作品にしてきた人。次第に大衆が求める物に、自分の人生や気持ちが追い付かず、消耗してしまった。演じていても苦しい」

出典:日刊スポーツ

まとめ

月組の3番手男役、月城かなとさんをご紹介しました。

美しい容姿だけではなく、舞台人としてたゆまぬ努力を重ねる月城かなとさんがトップスターになる日も近いと宝塚ファンの間で言われています。

早く月城かなとさんがトップスターとして舞台の中心で輝く姿を見たいですね。

ヅカコさん

れいこ様のお父様がカフェをオープンしたらしいわよ!
れいこのペット(芝犬)の名前は松吉だよ!

ムラヅカくん