彩凪翔がカッコイイ!本名や誕生日・出身校を調査!【画像あり】

2006年に92期生として入団し、初舞台後の雪組に配属となり、以降組替えの経験はなく、雪組で育った生粋の雪男の彩凪翔さん。

華やかな容姿のせいか女役をすることも多く、その美しさにファンも虜になってしまうそうです。 同期には、蘭乃はな(元花組トップ娘役)、真風涼帆(現宙組トップスター)がいらっしゃいます。

ヅカコさん

クールなイメージなのに関西弁のギャップがたまらないよね!
しょうちゃんは宝塚受験の時に日本テレビの「ザ・ワイド」で他の受験生と共に密着取材を受けてたよね!

ムラヅカくん

こちらの記事では宙組の人気男役スター、彩凪 翔さんの本名や年齢、出身校などをご紹介します!

 彩凪 翔さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

murako(@zukka_mama)がシェアした投稿

彩凪翔さんは、大阪府大阪市出身の雪組の人気男役スターです。

まずは彩凪翔さんのプロフィールを簡単にご紹介いたします。

名前 彩凪翔(あやなぎしょう)
宝塚音楽学校入学 2004年
宝塚歌劇入団 2006年
入団期 92期生
入団時席次 17番/45人中
初舞台 宙組公演『NEVER SAY GOODBYE』
出身地 大阪府大阪市
出身校 大阪市立八阪中学校
身長 170㎝
生年月日 6月2日
血液型 A型
芸名の由来 ご家族と一緒にお考えになったそうです。
愛称 しょう、あやか
本名 岡田綾香(おかだあやか)
その他 2度の新人公演の主演、2度の宝塚バウホールの主演を経験

彩凪翔さんの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミヨ(@ayanagi_gram)がシェアした投稿

彩凪翔さんは整った容姿と抜群のスタイル、またそれを生かした演技の幅の広さが特徴です。

キラキラとした目力の強さ、小さなお顔にすらりとしたスタイルが印象的で、日本物の着物から長髪の貴族スタイルまで抜群に似合い、色気漂う男役です。

あまりのかっこよさから、娘役に「凪様」なんて呼ばれることもあります。

過去には女役に挑戦したり、『伯爵令嬢』や『るろうに剣心』、『ルパン三世』といったような難しいアニメのキャラクターも器用にこなす演技派です。

彩凪翔さんと宝塚歌劇団

 

View this post on Instagram

 

@s2.snowgroupがシェアした投稿

彩凪翔さんは、家の近くでバレエ団の発表会を観たのがきっかけで、4歳からバレエを習い始めます。

 4歳からバレエを始めたという彩凪翔さん。宝塚音楽学校を受験したキッカケも、バレエ団の先輩が出演している宝塚歌劇を観に行って、男役のダンスに憧れ、「毎日、舞台に立てることを知って、絶対に入りたいと思いました」

出典:「ウィズたからづか」

小学生になりピアノを習い始め、中学生のころにはバレエ一筋に。

文化祭ではモダンダンスを披露したことがあるそうです。

中学2年生の時に友達から宝塚に誘われ、観劇。初観劇は月組公演『長い春の果てに』『With A Song in my Heart』でした。

観劇後、「宝塚だったら毎日舞台に立てる」と思い、受験を決めたそうです。

その後は、一気に宝塚にハマり、紫吹淳さん・彩輝なおさんのファンに。

特にエリザベートにハマっていてよく真似をしていたそうです。

音楽学校の受験に向けてバレエのほかに、声楽、ボイストレーニング、ジャズダンスのレッスンを追加。

その後、1発合格しています。

新人公演の主演を2度経験

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミヨ(@ayanagi_gram)がシェアした投稿


彩凪翔さんは研7までの下級生たちで行われる新人公演の主演を2度経験しています。

新人公演で主演を積み重ねることが、トップスターになるための布石になると言われています。

トップスターになるために新人公演での主演が必須であることが明確にルール化されているわけではありませんが、過去に朝海ひかるさんが新人公演で主演を経験せずにトップスターになった例を除けば、トップスターになった全てのタカラジェンヌが新人公演で主演を務めています。

このような意味では新人公演で2度も主演を経験することは劇団からの期待の表れと言うことができるでしょう。

彩凪翔さんが主演を務めた新人公演

 

View this post on Instagram

 

寝ても醒めても彩凪翔さん(@my_angel_ayanagi)がシェアした投稿

  • 『仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』ラウル、新人公演:フィリップ/ルイ14世(本役:音月桂) *新人公演初主演
  • 『ドン・カルロス/Shining Rhythm!』アレハンドロ・ファルネーゼ、新人公演:ドン・カルロス(本役:音月桂) *新人公演主演

彩凪翔さんが主演を務めたバウホール公演

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミヨさん(@ayasho.1708)がシェアした投稿


彩凪翔さんは新人公演の主演だけではなく、宝塚バウホールでも主演も経験しています。

  • 『灼熱の彼方』(バウWS)コモドゥス *バウ初主演
  • 『春雷』(バウ)ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ/ウェルテル(二役)*バウ単独初主演

彩凪翔さんの私生活とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

しょあんさん(@_shoshoshoan)がシェアした投稿

彩凪翔さんのマイブームは「動物のおもしろ動画を眠る前に見ること」です。

「ワンちゃんの珍行動とか、とってもかわいいんです!毎日の癒しになっています(笑)」と話されていたようです。

実際に彩凪 翔さんは犬を飼われているそう。

愛犬と戯れている姿を想像すると、こちらも癒されますね。

まとめ

雪組の人気男役スター、彩凪翔さんをご紹介しました。

彩凪翔さんは、今後も成長が楽しみな男役スターです。

『ファントム』の役替わりでさらにステップアップし、また主演など舞台の中心で輝く姿を見たいですね。

ヅカコさん

「ローマの休日」の役替わりも良かったよね!
元横浜DeNAベイスターズの荒波翔選手と名前が似てるよね!

ムラヅカくん