真風涼帆がカッコイイ!本名や誕生日・出身校を調査!【画像あり】

宙組トップスターの真風涼帆さんがカッコイイと話題になっています。

入団7年目までのメンバーで上演される新人公演で過去に5度主演を務め、また宝塚バウホールで主演を経験して、さらには日本青年館やシアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場でも主演を果たしています。

ヅカコさん

ゆりかは熊本県菊池郡の出身だよ!
高校時代は、宝塚受験のためのレッスン代をまかなうために、ショッピングモール内のパン屋でアルバイトしてたことでも有名だよね!

ムラヅカくん

こちらの記事では宙組トップスター、真風涼帆さんの本名や年齢、出身校などをご紹介します!

真風涼帆さんのプロフィール

真風涼帆さんは、熊本県菊池郡出身の宙組トップスターです。

2017年11月20日付で、朝夏まなとさんの後任として宙組8代目トップスター就任されています。

相手役に星風まどかさんを迎え、年末の「タカラヅカスペシャル2017」がトップコンビとしての初仕事でした。

2018年、「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム公演)で、新トップコンビお披露目でした。

まずは真風涼帆さんのプロフィールを簡単にご紹介いたします。

 

View this post on Instagram

 

Moe _zuka_♡さん(@moe_miriray)がシェアした投稿


名前 真風涼帆(まかぜすずぼ)
宝塚音楽学校入学 2004年
宝塚歌劇入団 2006年
入団期 92期生
入団時席次 15番/48人中
初舞台 宙組『NEVER SAY GOODBYE』
出身地 熊本県菊池郡
出身校 熊本県立大津高等学校
身長 175㎝
生年月日 1986年7月18日
血液型 B型
芸名の由来 地方出身のため田舎らしさを出すために「風」の一文字を入れたそうです。
愛称 ゆりか、すずほ
本名 松谷諭里華(まつたにゆりか)
その他 初観劇は月組全国ツアー公演『大海賊/ジャズマニア』

真風涼帆さんの特徴

真風涼帆さんは、175cmの高身長を活かしたダイナミックなダンスが特徴です。

母がダンス教室をやっていたこともあり、小さい頃から踊ることが好きだったそうです。

幼い頃は、ピアノ、習字、そろばんを習っていたようです。

声楽やバレエは高校に入学してから始めたそうです。

多くのタカラジェンヌが幼い頃から声楽やバレエに励む中で真風涼帆さんは遅い方と言えるでしょう。

しかし、持ち前の根性で稽古に励み、見事に遅れを取り戻して今では宙組のトップスターです。

 

View this post on Instagram

 

Dreamさん(@dreamtakarazuka)がシェアした投稿

真風涼帆さんと宝塚歌劇団

 

View this post on Instagram

 

た か ら づ かさん(@tk___1644)がシェアした投稿

真風涼帆さんの初観劇は2001年11月16日〜11月17に日熊本市民会館で催された月組全国ツアー公演『大海賊/ジャズマニア』です。

会場に置いてあった音楽学校の願書を目にし、母の勧めもあり中学卒業時に受験するも、何の準備もせずに臨んだため、二次試験で不合格となります。

受験後に、花組公演『琥珀色の雨にぬれて/Cocktail』を観劇し、「やっぱりここに入りたい」と強く思うようになり、高校入学後に声楽やバレエを習い始め、2004年に宝塚音楽学校に入学されています。

真風涼帆さんは、高校時代に宝塚受験のためのレッスン代をまかなうために、ショッピングモール内のパン屋でアルバイトをしていた努力家です。

お嬢様育ちのタカラジェンヌが多いの中で、一般的な感覚を持ち合わせる点も真風涼帆さんの魅力であります。

余談になりますが、2016年に宙組全国ツアー公演では、朝夏まなとさんの佐賀凱旋公演と同様に、真風涼帆さんも熊本で凱旋公演が予定されていました。

しかし、熊本の会場が地震の被害により使用不可となり、真風涼帆さんの凱旋公演は「幻の凱旋公演」となってしまいました。

地震が起きた当時、真風涼帆さんは自身の主演公演『ヴァンパイア・サクセション』の稽古中でした。

熊本県菊池郡出身の宝塚歌劇団宙(そら)組男役スター、真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんは、同県で震度7を観測した地震から一夜明けた15日、兵庫県宝塚市の同劇団で取材に応じ、故郷で暮らす両親や祖母の無事を確認したことを明かした。

出典:産経WEST

新人公演の主演を5度経験

 

この投稿をInstagramで見る

 

takarazuka㌘さん(@srgm___kiki)がシェアした投稿


真風涼帆さんは研7までの下級生たちで行われる新人公演の主演を5度経験しています。

宝塚のトップ・オブ・トップとして絶大なる人気を博した柚希礼音さんと並び新人公演5度の主演は最多記録です。

真風涼帆さんが主演を務めた新人公演

 

この投稿をInstagramで見る

 

m.yさん(@na.star.star)がシェアした投稿

  • 『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)-愛する我が街-/ア ビヤント』ジョー・コールマン、新人公演:ジョイ・ビー(本役:安蘭けい) *新人公演初主演
  • 『太王四神記 Ver.II-新たなる王の旅立ち-』チョロ、新人公演:タムドク(本役:柚希礼音) *新人公演主演
  • 『オーシャンズ11』ライナス・コールドウェル、新人公演:ダニー・オーシャン(本役:柚希礼音) *新人公演主演
  • 『ダンサ セレナータ/Celebrity-セレブリティ-』ルイス、新人公演:イサアク(本役:柚希礼音) *新人公演主演
  • 『宝塚ジャポニズム~序破急~』『はめぐり会い再び 2nd~Star Bride~』エルモクラート・オズウェル・マーキス『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』エトワールオムA、アルデバラン、ヴァルゴオムS3、エトワールギャルソンA、新人公演:ムッシュエトワール、スペシャルエトワール、ヴァルゴオムS1、アドレオム(本役:柚希礼音) *新人公演主演

真風涼帆さんが主演を務めたバウワークショップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

めりぃさん(@merry7.7)がシェアした投稿

  • 『ランスロット』(バウホール)ランスロット *バウ初主演

真風涼帆さんが主演を務めたその他の舞台

 

View this post on Instagram

 

Galaxyさん(@awakenaaa_)がシェアした投稿

  • 『日のあたる方(ほう)へ-私という名の他者-』(シアタードラマシティ・日本青年館)ジキル、イデー *主演
  • 『ヴァンパイア・サクセション』(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)シドニー・アルカード *主演

宙組トップスター時代の主な舞台

 

View this post on Instagram

 

のんさん(@tamalovemoon)がシェアした投稿

  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)トニー *トップお披露目公演
  • 2018年3月~6月、『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』カイル・ムルシリ *大劇場トップお披露目公演
  • 2018年7月~8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場)トニー
  • 2018年10月~12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • 2019年2月~3月、『黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA』(博多座)ニコライ
  • 2019年4月~7月、『オーシャンズ11』ダニー・オーシャン
  • 2019年8月〜9月、『追憶のバルセロナ/NICE GUY!!-その男、Sによる法則-』(全国ツアー)フランシスコ・アウストリア※予定
  • 2019年11月~2020年2月、『El Japón -イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ!!』蒲田治道※予定

真風涼帆さんの受賞歴

  • 2011年、「宝塚歌劇団年度賞」2010年度新人賞
  • 2011年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
  • 2014年、「宝塚歌劇団年度賞」2013年度努力賞
  • 2016年、「宝塚歌劇団年度賞」2015年度努力賞

 

この投稿をInstagramで見る

 

robihoさん(@robitakarazukalove)がシェアした投稿

真風涼帆さんの私生活とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

アイリスさん(@iris_gallery_ins)がシェアした投稿


真風涼帆さんは、とても努力家として知られています。

高校時代には宝塚受験のためのレッスン代をまかなうために、ショッピングモール内のパン屋でアルバイトをしていたというエピソードもそうですが、現在トップスターとして毎日忙しく公演を行っているときは食事にも気を付けるようにしているそうです。

食べすぎず空腹すぎず、歌ったり踊ったりするのに1番良い体の状態を考えて食べるタイミグや量を決める徹底ぶりです。

また、オンオフはっきりとしていて、休日はゆっくり過ごせるようにしているそうです。気が向いたらお茶をしたり、温泉に行ったり、思い立った時の行動力はある方だと語られています。(宝塚グラフ2019年9月号)

まとめ

宙組トップスター、真風涼帆さんをご紹介しました。

真風涼帆さんは、宙組のトップスターらしく高身長のイケメンです。

今後も宝塚を代表する男役として活躍がさらに楽しみです。

ヅカコさん

ゆりかの趣味は温泉巡りと断捨離だよ!
ゆりかは舞台ではイケメンだけど素の姿がおっとりしていて可愛いんだよ!

ムラヅカくん